スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
Entry: main  << >>
IdeaPad Yoga13 レビュー
レノボ「IdeaPad Yoga13」はタッチスクリーン搭載で液晶が360度回転するコンバーチブルタイプのUltrabookです。発表時から話題となった4つのモード(ノードブック、タブレット、テント、スタンド)の形状はタッチ操作にもバッチリ使える製品です。同様の機構を持った製品はいくつかありますがPanasonic Let's note AX2が近いでしょう。このようなスタイルで使えることはWindows8のUIとの親和性が高く、主に閲覧のときにはタブレットモード、ドキュメント作成やメールを打つときにはノートブックモードと使い分けられます。テントモードやスタンドモードは動画を見たり、フォトフレーム的に使うといったときに活用できるでしょう。

IdeaPad Yoga 13 レビュー

液晶は高視野角のIPSタイプで13.3型にHD+(1,600×900ドット)と高解像度、10点マルチタッチ対応と様々なモードでおいて使うことや大型タブレットとして屋外で使うことを考えるとなかなかよい感じです。ただタッチパネル搭載の液晶全般に言えることですが、光沢があるので映りこみはあります。

IdeaPad Yoga 13 レビュー

キーボードはアイソレーションタイプの88キー、キーピッチは約18.5mmとなっており、Enterキーの右側に「End」や「PgUp」などのキーが配置されているのは好みの分かれるところです。カナ打ち派の私としては「ね」や「る」・・・「む」といった右側のエンターキーの周辺のキートップが小さく、変則的なキートップになっているところが気になります。キータッチは悪くないだけあって、もうちょっとキーボードへこだわってもらいたいと思います。(レノボの製品コンセプトとしては、ビジネスやプロ用途はThinkPadを使えということなのかもしれません。)

IdeaPad Yoga 13 キーボード

タッチパッドはかなり大型化しており、しかもクリックボタン一体型のタイプです。Windows8のジェスチャー機能も使いやすいです。

IdeaPad Yoga 13の薄さ

ブラックとシルバーの2色に分かれているので薄さが強調されるデザインになっています。
Ideapadロゴの近くにあるボタンは画面の回転を行うためのローテーションボタンでSDメモリカードスロットとUSB2.0ポート、そして展示の型名パネルの影にはDC-Inコネクタがあります。
反対側の左側面にはHDMIとUSB 3.0、ヘッドフォン・マイクコンボジャックがあります。

IdeaPad Yoga 13 天板

IdeaPad Yoga13 シルバーグレーの天板の印象はIdeaPad Uシリーズに近い感じで、マットなシルバーです。もう一色オレンジのモデルがどんなのかはまだ実機を見ていないので評価できません。

あと、写真はありませんが、ACアダプターは薄型タイプの平型DC-Inタイプで、ThinkPad X1 CarbonやNEC LaVie Zと同じ形状だと思われます。(公式には多機種のACアダプターの接続はサポートされていないです。)



IdeaPad Yoga 13の特長
・最新のインテル Coreプロセッサーを搭載したウルトラブック
・Windows 8 (64bit)
・360度回転させ上下左右どの方向から液晶を見ても見やすいIPS液晶パネルを採用
・スクリーンは10本の指を同時に認識する10点マルチタッチスクリーンに対応
・2つの軸をもった頑丈な2つのヒンジで360度回転も快適
・ノートブックPCとして使うだけではなく、タブレットなど4つのスタイルで使用することが可能
・薄さ約16.9mm、重さ約1.5kgの筐体
・8GBのメモリ、128GBのSSDを搭載
・インターフェースには、USB3.0、USB2.0の他、HDMI、2in1カードリーダーを装備
・約7.4時間の長時間使用を実現
・高精細な映像を撮影する内蔵Webカメラ
*モデルにより異なります



ノートブックPCの常識を覆す4つのモードで使える「IdeaPad Yoga 13
「IdeaPad Yoga 13 (アイディア パッド ヨガ ジュウサン)」は、最新のインテルR Core?プロセッサーを搭載したウルトラブックでありながら、2つのヒンジで360度回転することで、ノートブックPCとして使うだけではなく、タブレットなど4つのスタイルで使用することが可能です。また液晶には上下左右どの方角から見ても画面が見やすいIPS液晶パネルを採用しています。

1. ハイパフォーマンスなコンバーチブル型ウルトラブック

「IdeaPad Yoga 13」は、薄さ約16.9mmの筐体に、最新のインテル Core プロセッサー、8GBのメモリ、128GBのSSDを搭載したハイパフォーマンス・ウルトラブックです。さらにインターフェースには、USB3.0、USB2.0の他、HDMI、2in1カードリーダーを装備し、約7.4時間の長時間使用を実現。ノートブックPCとしてのパフォーマンスを最大限に発揮しています。

2. ノートパソコンの常識を覆す4つのモードの使い方

ノートブック(Laptop Mode)
タブレット(Tablet Mode)
テント(Tent Mode)
スタンド(Stand Mode)
上下2つの可動軸をもったヒンジ「IdeaPad Yoga 13」の最大の特徴は、360度回転する筐体です。キーボードと液晶パネルを支える上下2つの軸をもったヒンジを採用することで、スタイルを自由自在に変えることができます。このヒンジは25,000回の開閉テストにクリアーしています。「IdeaPad Yoga 13」は、ノートブックや360度回転させタブレットとして使用するだけではなく、本体を持たずにテント型に立てることで快適にマルチタッチ操作をしたり、スタンド型に立てることで映画やビデオチャットをご家族で楽しんだりする事ができます。



3. IPS液晶パネルを採用 HD+ 1600 x 900

「IdeaPad Yoga 13」の液晶パネルには、360度回転させ上下左右どの方向から液晶を見ても見やすいIPS液晶パネルを採用しています。視野角を広く保つことで一人での利用だけではなく複数の人と画面を見てもストレスなく使用することができます。
さらに、スクリーンは10本の指を同時に認識する10点マルチタッチスクリーンに対応しています。タッチパネルの特長を活かしたアプリケーションを利用する際に最適です。


■IdeaPad Yoga13関連リンク
仕様・カタログ
IdeaPad Yoga 13 製品情報

レノボ・ニュース プレスリリース
2012年11月26日 Facebook上で IdeaPad YOGA 13 発表記念キャンペーンを開始
IdeaPad Yoga 13 スペシャルサイト

2012年11月13日 IdeaPad Yoga 13、IdeaTab K3011W販売開始日のお知らせ
日本を含む全世界で予想を上回る受注による生産調整のため、IdeaPad Yoga 13 シルバーグレー、IdeaPad Yoga 13 クレメンタインオレンジは12月中旬より発売になります。




ThinkPadシリーズにも初のウルトラブックが発売されました。
ThinkPad X1 Carbonのレビュー記事は、ThinkPad専門ブログの「ThinkPad Plus Blog」に掲載されています。
ThinkPad X1 Carbonレビュー
ThinkPad X1 CarbonとT430s比較



| IdeaPad-Plus | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:52 | - | - | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

IdeaPadバナー

クーポン

IdeaPadとLenovo Gシリーズ用のクーポンです。
レノボ クーポン

レノボ

レノボのWebページをチェック

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Recommend

Sponsored Links

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode